ニュース - 2019年04月11日
タグ:

parkrunでのボランティア活動

volunteers_900

毎週世界で2万8千人以上のボランティアの方々が、parkrunを遂行するために力を注いでくださっています。先週、二子玉川parkrunでの最初のイベントでは28人の方々がボランティアをされました。わたしたちは、ボランティアの貢献によってイベントをスムーズに行えることを光栄に思っています。

 

どなたでもお気軽にボランティアに参加していただけます。それぞれの役割は簡単で、当日にやり方を説明します。

 

RD_jp

 

ランニング、ウォーキングはちょっとまだできないわ。。。という方、ボランティアから始めてみませんか!ボランティアの役割があるから早く起きて行こうということが、最初の一歩になりまよね。そうすると、5キロをランニングしたり、ウォーキングしなくても、parkrunがどのように行われているか分かりますし、お友達もできます。ボランティアをすると達成感があり、自分がコミュニティーの一員であると実感できます。

 

parkrunのボランティアの方々は、人々が健康で幸せになることをお手伝いしているのです。あなたが気づかないうちに、一人一人がparkrun一回ごとに、心身の健康を推進することのお手本となっていきます。

 

あなたは優しく寛大であることの意味を他の人達に示しているのです。ひとにはそれぞれ行かなければならない場所、する事があります。時間はお金では買えない贈り物ですが、あなたはその時間を迷うことなく無私無欲で与えてくださっています。

 

あなたは、人々が集まって楽しめて、お友達をつくれるという、安全で多くの人々に開かれた環境を作り上げているのです。このようにボランティアと参加する方々で、コミュニティーは作り上げられていきます。

 

あなたのローカルイベントでボランティアをしてみたい方は、イベントサイトに掲載されているイベントチームにメールをする、もしくはフェイスブックのイベントページよりご連絡ください。

 

Tailwalker

友だちにシェアする:

toru_FB

フィードバック

parkrunが地域に根付いて、家族同士とか友達同士とか誘い合ってそこに気軽に参加できる、時には休んだり時にはサボったりしてもいいと思うんだけど、いつもそこにある存在としてparkrunがいてくれる。そんな環境を築けたら…

FTG20_4

日本初開催から20回目を迎えたparkrun

2019年4月6日、parkrunにとって記念すべき日から先週で20週目を迎えた二子玉川parkrunは、猛暑の続く夏の間も多くの参加者が国内外から参加しており、ベビーカーを押して参加するご家族から、海外から訪れる参加者…