フィードバック - 2019年04月22日

フィードバック

EO_feedback

オーストラリア在住でparkrunを始めて早2年が過ぎ、これまでランナーとしてだけではなくボランティアとしても数多くのparkrunに参加してきました。

 

「毎週土曜の朝8時=parkrun」というパターンがすっかり生活の一部として定着してきた中、87回目のランが母国日本でスタートしたばかりのparkrunに参加できることになるとは去年帰国のフライトを予約した時点では思ってもみませんでした。二子玉川公園までは滞在先から1時間半ほどかかりましたが集合場所にparkrunの旗を目にしたときは何とも言えない気分になりました。

 

ブリーフィング後、予想以上に数多くのボランティアの方々に見守られ、これまで走ってきたコースと比べてやや難しい(!)5㎞コースを無事走り切ったあとは気分爽快でした。parkrunに参加する目的は参加者それぞれだと思いますが、私にとっては毎週決まった時間に走ることを楽しめる場であることに加えて、他の参加者の方たちと交流を持てる貴重な場でもあります。

 

実際parkrunがきっかけとなって知り合った地元のランニングクラブのメンバーも数多くいます。東京での開催を皮切りに日本各地にこの先より多くのparkrunが広まっていくことを心待ちにすると共に、今後帰国の度にparkrunに参加できることを楽しみにしています。日本でのparkrun開催にご尽力くださった方々、イベントボランティアの方々、本当にありがとうございました。

友だちにシェアする:

DSC_0811

柏の葉parkrun最高齢ランナー

80歳を超えていても毎日走っている柳田隆文さん。ある日、家に投函された「ちいき新聞」で柏の葉parkrunの事を知ったそうです。開催場所も近く、土曜日のparkrunを習慣にしてみよう、とWebの登録は娘さんに手伝っても…

84443995_197484048306630_2735141792360955904_n

笑顔に会えるボランティア

parkrunには最後尾確認係という役割のボランティアがあるのをご存知ですか?   最後尾確認係はその名の通り、参加者の最後尾の目印となり、マイペースでparkrunを楽しむ参加者と一緒に笑顔でフィニッシュする…