ニュース - 2019年06月20日
タグ:

あなたのparkrunスタイルは?

JP_type

世界中のparkrunの中には、いろいろなタイプのparkrunner(パークランナー)がいます。あなたはこんなタイプのparkrunnerを見かけますか。

 

あなたは、どのタイプですか?

 

スピード・マニア

このタイプは、いつも自己ベストを狙っている人です。この人たちは、たいてい始まる前にウォームアップのランをして、色々な体操もしています。そして、スタートライン前列に深刻な顔をして並んでいます。この人たちはスタート直後から恐竜に追いかけられているかのように走り出します。

 

ツーリスト・マニア

このタイプは希少な部類です。この人達は根っからの冒険家で、旅行が大好きですが、緻密な計画家でもあります。旅行先は必ずparkrunデー(土曜日)を含みます。また、このparkrunner達は早起きで、必ずparkrunのブリーフィングまでに到着します。この人たちの旅のお供は、グーグルマップ、目覚まし時計、エクセルシートです。

 

JP_tourist

 

愛犬家

parkrunnerと愛犬はいつもparkrunの人気者です。可愛いワンちゃんはみんなに愛されます。このタイプの人は、人間より犬と過ごす時間を好みます。

 

K9

 

おしゃべり好き

このタイプの人はどのparkrunにも存在します。この人たちはparkrunにおしゃべりするために来ています。parkrunが始まる前、ブリーフィング中、さらにランニングまたはウォーキング中、バーコードスキャンをする際、近くにいる誰にでも話しかけます。そして、parkrun後のお茶の時間にもおしゃべりを楽しみます。

 

JP_talker

 

統計マニア

皆さん、統計マニアが好きですよね!この人たちはparkrunのどんな統計も知っていて、その話をします。人気の話題は、自己ベスト、参加者が一番多いparkrun、parkrun最高記録タイム、parkrunの平均タイム、その国のparkrunの箇所数。。。ほんと様々な統計があります。parkrunの統計はマニアにとって夢のように話題が盛りだくさんです。

 

 

陽気なボランティア

陽気なボランティアはparkrunコミュニティーに好かれます。この人たちはボランティアが全てで、コミュニティーに貢献することが大好きです。このタイプの人たちは優しくて、おしゃべりも上手で、チームの問題解決にも貢献します。さらには、どんなボランティアの役割にもフレキシブルに対応し、すべてのparkrunに欠かせない存在です。

 

JP_vollie

 

ベビーカー・ランナー

ベビーカー・ランナーに追い抜かされたことはありますか。このパパ、ママたちは余分な重量を押しているにも関わらず、速く走るのです。parkrunner達はこの人たちを尊敬しています。一人でparkrunに時間通りに行くにも大変なのに、この人たちは子供(達)に、スナック、ブランケット、おもちゃ、身の回りのを用意してからparkrunに参加します。

 

JP_pram

 

最新ファッション好き

皆さん、最新ファッション好きな人を知っていますよね。このparkrunner達は、速乾性Tシャツ、靴づれ防止靴下、冷感バームなどに加え、最新のランニングシューズやアクセサリーを身につけています。さらには、GPSランニングウォッチ、各関節にはテーピング、コンプレッションタイツも着用しています。

 

parkrun依存症

この人たちは世間話で5分もparkrunの話をせずにはいられません。いつもparkrunのことを考えています。皆さんもそうですよね!これはparkrunに魅了されて、parkrunを愛する証です。

 

JP_happy

 

最後に

実は、これらは世界でのほんの一部の人々が、多様で素晴らしい自身をparkrunnerよんでいる例なのです。

 

あなたが、統計好きでも、旅行先を増やしていても、自己ベストを狙っていても、愛犬と一緒でも、とにかく近々parkrunでお会いできることを楽しみにしてます。

 

 

誰もビリになることは決してありませんよ。お近くのparkrunをこちら{https://www.parkrun.jp/events/}で探してみましょう。

 

 

 

 

 

 

友だちにシェアする:

JP100shirt

クラブTシャツについて

parkrunでは、毎回のように参加してくださる方やボランティアの皆さんのご尽力に報いたいと考えています。   5kmのイベントでは、50回、100回、250回、500回の参加達成で各クラブへの加入が可能になり…

CH_FB

フィードバック

お休みしてたパークランに久々に行ってきた。   まだ本調子ではないから、ペースは意識せずできる限りで走ろうと思ったけど、ラストはやはりキツかった   写真でも余裕がないのがよくわかる…   …