ニュース - 2019年09月18日
タグ:

暑い日にparkrunを楽しむためのヒント

Warm_900

今年の夏も終わりにさしかかっていますが、まだ暑い日が続いています。そんな暑い日にparkrunを楽しむためのヒントをいくつかご紹介します。

 

1. parkrunまでの移動手段を徒歩・自転車にしてみる

 

運転中に空気のこもった車内で交通渋滞に巻き込まれてしまうよりも、お近くにお住まいでお時間のある方はparkrunまでの移動手段を徒歩・自転車にしてみてはいかがでしょうか?駐車場の心配もありません。

 

爽やかに風を感じ、ウォーミングアップにちょうどいいかもしれません。

 

C_oqqmRXcAIYIfF

 

2. 気候に適した服装を心がける

 

気温が急上昇する季節には、ウォーキング・ジョギング・ランニングの最中に体温が上がりすぎないよう注意しなければなりません。

 

そのためには軽くて吸水性の高い衣類を身に着けるようにしましょう。吸汗・速乾性に優れた衣類は体温調節をより効果的に促してくれます。

 

parkrunの姉妹ブランドCONTRAで様々な種類のTシャツやランニング用品が揃います。衣料品は10段階のサイズ展開になっており、売り上げはすべてparkrunに還元されます。

 

Warm_int
3. ボランティアをしてみる

 

言い過ぎかもしれませんが、parkrunイベントでボランティアをすることほど最高な経験は他にないかもしれません!

 

今までずっとボランティアをしてみたいと思っていたあなた、タイム計測、バーコードのスキャン、コース誘導、その他たくさんのボランティアの役割分担を暑い季節だからこそ背中に心地よい日差しを浴びながら経験できるいい機会ですよ。

 

初めての方でも大丈夫です。人目を引くボランティア用ベストを着用し、ボランティアを終えた後は、きっと充実感に満たされますよ。

 

Warm_vol

 

4.  ドリンクボトルを持参する

 

健康を維持するためには、こまめに水分補給をすることが必要不可欠ですが、なるべく砂糖や人工甘味料不使用の飲料を摂取することを心がけたいものです。

 

中でも水は経済的、且つ喉の渇きを癒したり脱水症状を予防するにも効果的で、最も健康的な飲料の一つと言えるのではないでしょうか。

 

暑い日にparkrunに参加するときっと喉が渇くはずですので、大自然が生んだ最高の飲料(=水)をボトルに入れて土曜日の朝のイベントに持参するのが一番です!

 

たとえparkrun以外の場であっても、マイボトルに入れて水を持参することで、お金の節約につながり、あまり健康に良くない選択をしてしまうという誘惑を抑制することができるでしょう。

 

あなただけのオリジナル、parkrun ID入りのステンレスボトルが新たに登場しました。全品送料無料でこちらからご購入いただけます。

 

5.  ペース配分に気をつける

 

parkrunを楽しみに一週間を過ごし、いざ土曜日の朝が来ると、友人たちより早く走りたい、自己ベストを更新したい、輝かしい走りでコースを駆け抜けたい、と興奮し意気込んでいる方がたくさんいらっしゃると思います。

 

しかし、暑い日には自分の目標やペースを見直すことが必要です。まるでウサイン・ボルトがオリンピックの決勝でするような全力疾走ではなく、無理なく5キロの道のりをこなせるように心がけ、もし熱くなりすぎていると感じたら、スピードを落とす、歩く、または立ち止まるようにしましょう。

 

ペース配分の見直しは目標を持って40分切り、サブ30、驚異の20分の壁越え等を狙っている方にとってはがっかりすることかもしれませんが、もし今週達成できなくてもまた来週がある、というのがparkrunの醍醐味です。

 

6.  思う存分楽しんでみる!

 

最後に何より大切なことはたとえ暑い日であっても最大限に楽しもうとすることではないでしょうか。タイムやペースにとらわれることなく、鳥のさえずりに耳を傾け、美しい草木や晴れ渡る青空を目で堪能して、parkrunを満喫してみませんか。

 

28730343657_d022000058_z

友だちにシェアする:

COVID update 27052020

新型コロナウイルスについてのアップデート

私たちは、6月末迄さらにparkrunの中止を延長することをお知らせします。これは最短の期間で、世界中のparkrunがある国々すべてではないかもしれませんが、ほとんどの国でこれより長く中止する期間が続くと予想されます。…

Cover tail walker

おしゃべりしながら歩く〜最後尾確認係の歴史

2017年6月、parkrunではボランティアの役割名をテールランナー(最後尾ランナー)からテールウォーカー(最後尾ウォーカー)に変更しました。   グローバル・健康と福祉チームのヘッドであるクリッシー・ウェリ…