アワード - 2020年02月26日
タグ:

地元に貢献したい ー 光が丘公園parkrun

IMG_4735

10ヶ月余りの準備を経て、この度ようやく光が丘公園parkrunに立ち上げに至りました。parkrun Japanが日本に上陸してからすぐに、少しづつ準備されてきたイベントディレクター小林さんのストーリーです。

 

山登りが大好きで、高い山をせっせと行くのも低い山をのんびり歩くのも好きです。昔はひとりで行くことが多かったのですが、歳とともに心配にもなって、誰かしらと一緒に行くことが多くなりました。もし冒険をするとしても急斜面や雪山とかではなくて、長い距離をどれだけ持久力を持って楽しめるかが私のテーマです。

 

そういう山の登り方を続けていれば、そういうスキルアップになるに違いないと思っていましたが、山登りがうまいなぁと思う人から瞬発力もつけないとこれ以上あまり伸びないようなことを言われたとき、何かとてもくやしくて、私は週末に少しでも走ることを取り入れていきました。でも習慣付くようになかなかならない中、毎週あるparkrunに行くことはとてもいい動機となりました。計測タイム記録が増えていくのは励みになりますし、人が一緒に走ってくれることでペースメーカーのようにも思え、自分の体調の鏡となって写し出されることが健康を意識する大変良い機会にもなっています。

 

202002230900

 

もう少し歳をとったら社会貢献とか地域に奉仕するなどの夢がありましたが、parkrunでも知り合いが増えていき、元から親交のある地元の仲間とあと少しだけ密接な交流ができれば、地元に貢献しうるコミュニティができるように思えてきました。その結果でもありますが、イベントディレクターを目指すようになりました。
日本のどのparkrunにも毎回のように外国の方が訪れて、日本にとって異文化の香りがするのも魅力的ですし、それぞれの開催場所の郷土色のようなものを感じるとるのも魅力です。地元の人が外国の方もお年寄りも若い人もお迎えして、ボランティアチームとしての包容力を高めて行きたいと思います。毎週のイベントですので持久力を。そして天候が悪い日などの不測時は瞬発力を発揮して、みなさんが安心して楽しめる健康増進イベントをみなさんと作っていきたい思います。

 

緑豊かな光が丘公園のparkrunでチーム一同お待ちしております。

 

小林將人

友だちにシェアする:

FB_Ts

フィードバック

こんなときだからこそ、外でカラダを動かして元気よく ボランティアとしてイベントのローンチに関わらせていただいてます。   体調と気分、お時間が合うかたはぜひ遊びにきてみてください。老若男女、家族にペット、どなた…

87955967_123188629245772_8415976583877099520_o

フィードバック

コロナ騒動で、日本はイベントが次々と中止になり暗いムードでしたが、parkrunで日本に灯りがともされた感じでした。   こんな中でも、海外からきてくださった方々には、是非、日本を楽しんでいっていただきたいです…