default - 2020年07月01日

ひとりでウォーキングやジョギングするコツ

177202475_129176849262294_7603771686678483556_n

コロナ禍でまだ世界各地でのparkrunが一時的に中止になっている現在、多くの人が一人でウォーキング、ジョギング、ランニングをしています。

 

その手助けとなる4つのコツをここでご紹介します。

 

1 短い距離から始めて自分に優しく

 

もし自分で5Kmを走ったことがないのなら短い距離から始めてみましょう。5Kmしなくてもいいのです。始めたばかりの5Kmってマラソンのように長く感じてしまいますから。

 

短い距離から始めてゆっくりのペースで。外に出る時間を決めたり外に出られないのなら階段を上ったり、居間を周回すると言うのも基礎体力をつけるのに良い方法です。

 

近くの公園まで早歩きはどうですか?またはゆっくりの散歩に出てその先の電柱までといった感じで時々軽く走ってみるのもいいですね。

 

parkrunは歩いたり、ジョギングしたり走ったりを誰でも自分のペースでできる場所なのでご自身でするときもそのことに変わりはないのです。

 

自分に優しくしましょう。やってみようと思う事、そして体を動かす事、これが一番大切な事ですから。

 

parkwalk Japan

 

2 自身を快適に

 

高価なウエアを買う必要はありません。あれこれどれにしようか迷うだけで数時間経ってしまいますしね。

 

始める時に自身が快適であればいいのです。ただし、天候は考慮してくださいね。

 

お気に入り曲のプレイリストなんかもやる気を高めてくれます。ポッドキャストやオーディオブックを聞くのもいいですね。

 

ゆっくり歩いたり、軽いジョギングから始めて徐々に体を慣らしていきましょう。

 

71403650_1200974813421283_8908349594581073920_n

 

3 計画を立てる

 

どうやってルートを計画するのか、初めてだったら戸惑ってしまうかもしれません。日課に組み込んでみてはどうでしょう。近所のお店に行く時に少しの距離をちょっと早足にしたり、軽く走ってみたり。

 

家族と毎日歩いている人は、そこの電柱まで早足競争をしてみるのもいいかもしれません。日課にアクティビティを組み込むことで、それに慣れ不安がなくなっていきます。

 

もし、少し遠くまで挑戦するのならオンラインでたくさんルートプランが検索できます。いつかジョギングや走ランニングしてみようと思っているルートを歩いてみることは自分に対しての自信にもなっていきます。

 

165173661_521638055891226_6441799544243602660_n

 

4 誰かに伝える

 

ひとりでウォーキングやジョギングをするからと言って、家族や友人からサポートは受けられないなんてことはありません。

 

親しい人にぜひ話してみてください。励ましてくれたり、もしくは一緒にやってくれるかもしれませんよ。ソーシャルディスタンスはお忘れなく。達成した時にそれを誰かと分かち合えたらすばらいしですよね。

 

皆それぞれの経験があります。もしかしたらお友達がためになるヒントをくれるかもしれません。

 

162046307_516994103022288_6909232282477443874_o

 

たとえ1分だけでも体を動かすことが健康や幸福感につながります。何か新しいことを始めるとき、ちょっと怯んだりするかもしれませんが誰もが最初は初心者だと言うことを忘れないでください。

 

最初の大切な一歩を踏み出すことに重点を置いてみてください。その後は無限の可能性が広がっています。

 

 

#loveparkrun

友だちにシェアする:

Mabori 1st anniversary

日本のparkrunアップデート(2021年12月1日)

日本のparkrunについてのアップデートを毎週お届けしています。   先週は、一周年を迎えたイベントが三つもありました。   浦安市総合公園parkrun 大磯運動公園parkrun 本田島park…

256731539_415761776951425_2622622003520473966_n

浦安市総合公園parkrun1周年

浦安市総合公園でparkrunをローンチしてちょうど1年となりました。   コロナ禍の下、休み休みの開催となりましたが、ここまでご協力していただいたボランティアメンバーに感謝します。   ここはコース…