ニュース - 2020年08月24日

世界のスポットライト:オランダ

ESxfhekWoAAI-FF

parkrunファミリーは世界22か国から成り立っています。その中からひとつひとつ詳しくご紹介します。

 

今週は最も新しいparkrunファミリーメンバーのオランダです。北欧地区テリトリーマネージャーのデリ・トーマスさんが開催の裏話をしてくれました。

 

オランダでのparkrun開催は1年前から計画されていました。過去数年ヨーロッパ各地からのparkrunについての問い合わせを分析すると、そのほとんどがオランダ人からだったことからオランダが選ばれました。

 

parkrun運営チームはイベントのロケーションやボランティアの見込みなどを探るためにオランダを訪れ、彼らのparkrunを始めたいという熱意にとても感銘を受けました。

 

そしてついに6つのイベントを同時に行うという今までにない形で開催の運びとなりました!

 

ESsGXqEXkAAo0or

 

これは複数のイベント開催準備ができていたということもあるのですがパークランナー、特に近隣のイギリスとアイルランドからのparkrunツーリストを複数箇所に分散し開催初日の混雑を防ぐ事に大いに役立ちました。

 

数ヶ月に及ぶ議論や計画、国内での興味の構築を経てオランダでのparkrunは文字通りコロナの影響でイベント中止となる寸前に始まったばかりだったのです。

 

ESHA3ZCWkAA9FWc

 

いくつかのイベントは2回開催できましたがいくつかは初回のみ、3月や4月初旬に開催予定だった3つのイベントもありました。

 

最初の週はユトレヒトのMaxima parkrunとロッテルダムのKralingse Bos parkrunでの200人を超える参加者を含む800人以上が参加し大成功でした。

 

翌週は首都のアムステルダムでAmsterdamse Bos parkrun、ライデンのKagerzoom parkrunと新たな二つのイベントが加わりました。

 

Kagerzoom

 

parkrunが再開されたらハーグ/デン・ハーグでZuiderpark parkrun、アーネムでSonsbeek parkrun、ハーレムでSchoterbos parkrunが開催される予定です。

 

11のイベントがparkrun再開後オランダで活動を始めることを考えるととても楽しみです。オランダでのparkrun再開を本当に心待ちしています。

 

Amsterdamse course

 

始まったばかり(もしくは始める準備ができていた)新しいチームにとっては開催の勢いが失われて辛いところですが、私たちはparkrun再開後すぐにオランダでparkrunを広めて行く事に全力で取りかかる自信があります。

 

実際に開催した2週間で2千人以上の人がparkrunに登録しました。もしこの数を伸ばしていければこの上ない喜びです。

 

デリ・トーマス

友だちにシェアする:

26806336961_d118319139_k

新型コロナウイルスについてのアップデート

今週土曜日にフォークランド諸島でのCape Pembroke Lighthouse parkrunと、オーストラリアのノーザンテリトリー州で3つすべてのイベントが再開する迄あと数日です。それは私たち全員にとって非常に嬉し…

cover-900x416

世界のスポットライト:日本

parkrunファミリーは世界22か国から成り立っています。その中からいくつかの国について詳しく見ていきましょう。   今回は日本です。どのようにparkrunが開設され、普及していったのかお話しましょう。 &…