ニュース - 2020年09月16日
タグ:

新型コロナウイルスについてのアップデート

26806336961_d118319139_k

今週土曜日にフォークランド諸島でのCape Pembroke Lighthouse parkrunと、オーストラリアのノーザンテリトリー州で3つすべてのイベントが再開する迄あと数日です。それは私たち全員にとって非常に嬉しいことで、parkrunファミリーを代表して再開を祝福します。parkrunがある他の国や地域でも、状況は日々変化し続けており、そのほとんどは前向きな方向に進んでいます。他の国々でも近々イベントが再開できるようになることを願っています。

 

イングランドでは、引き続き10月末の再開に向けて公園管理者や自治体と話を進めています。先週のお知らせ発表後には、予想以上に多くの方々からポジティブなメッセージが寄せられました。しかしながら、翌日の英国政府による、個人の人の集まりが制限されたという発表と新型コロナウイルス陽性者が急増し、一部の人々に不安を引き起こしたことは理解しています。従って、スポーツイングランドで明確にされているように、多くの形式の集まり(parkrunイベントを含む)はこれらのガイドラインから除外されており、私たちは引き続き新型コロナウイルス感染の根本的なレベルと影響を注視していくことをお伝えします。「10月末までにイングランドでparkrunとジュニアparkrunを再開する予定です」という発表は主に、私たちがイベント再開に向けて公園管理者や自治体、保健所と話を進める上で変化している状況の中で適応する時間の余裕を持たせる為でした。

 

最後に、parkrunイベント再会による地域社会の心身の健康に対する貢献を理解することはとても重要です。再開に際しては、その利点と感染のリスクについて出来る限りのエビデンスを収集しバランスを考え検討する事が必要です。他の状況でのコロナ感染の重大な証拠あるにも関わらず、組織された運動イベント参加中に新型コロナウイルスに感染するケースはごくわずかです。それと同時に、コミュニティベースの地域社会に焦点を当てた運動イベントの多大な心身健康上の利点は、広く受け入れられています。先週英国で発行されたparkrunの健康上の利点についての素晴らしい記事のひとつは、The Guardianのサム・ウォラストンによるもので、こちらから読むことができます。

 

皆さまの引き続きのご協力に感謝しています。

 

 

parkrunグローバル最高執行責任者
トム・ウイリアムズ

友だちにシェアする:

26806336961_d118319139_k

新型コロナウイルスについてのアップデート

今週土曜日にフォークランド諸島でのCape Pembroke Lighthouse parkrunと、オーストラリアのノーザンテリトリー州で3つすべてのイベントが再開する迄あと数日です。それは私たち全員にとって非常に嬉し…

cover-900x416

世界のスポットライト:日本

parkrunファミリーは世界22か国から成り立っています。その中からいくつかの国について詳しく見ていきましょう。   今回は日本です。どのようにparkrunが開設され、普及していったのかお話しましょう。 &…