ニュース - 2021年01月11日

小さな一歩から

133679964_247470680055601_894028211496065675_n

parkrun新年の抱負キャンペーン第2週目です。一緒に、とにかく小さな一歩を踏み出しましょう。こちらが今週の役立つヒントです。あなたが達成したことも自分でお祝いすることもお忘れなく。

 

何か新しい事、変化する、やり方を変えるなどは、最初の第一歩が一番難しいものです。ですが、あなたはもう2021年の新年の抱負をたて、それに近づくために最も重要な第一歩を踏み出されたと思います。

 

131824608_243086747160661_8485927653891350103_n

 

あなたの抱負に何を選んだか、そしてそれを達成するためにグループや人と繋がったかをお聞かせください。それは難しい事でしたか?それとも簡単にできましたか?精神的や身体的に葛藤がありましたか。私たちは是非、あなたの目標とそれに向かう過程をお聞きしたいです。ハッシュタグ #parkrunresolution でシェアしてください。

 

もうすでに素敵なメッセージが寄せられています。それらから多くの人が5キロを歩いたり、ジョギングやランニングしたりすることを目指していることが伺えます。その一方で第1週目で壁が立ちはだかっていると話された方々もいました。これから調子の良い日や悪い日、自信がある日とない日などアップダウンを繰り返すかもしれません。ですが、これは全く普通のことです。

 

138038153_488433059223636_3780215479798272517_o

 

一筋縄にはいきませんが、目標に進んでいく過程でスランプに落ちた時の手助けとなるヒントを用意しました。

 

  • サポートやモチベーションをあげてくれる人がいることは心強いものです。そうなる人やグループを見つけましょう。もしくは、あなたが肩を貸してあげる誰かをサポートする人になりましょう。進行過程を誰かに報告したりシェアすると計画通りに行動する可能性が大きくなります。

 

  • エクササイズをすることにしているなら、その用意を前もってしておいたり、すぐ出せるようにしておきましょう。準備時間を短くすることで面倒さや後回しにすることが少なくなります。

 

  • 気分を元気にしてくれる音楽をダウンロードして、ウォーキングやランしながら聞くのも良いでしょう。とにかく動くきっかけになるように、ダンスしたくなるような音楽を選ぶのもオッケーです。あなたがどんな音楽を選んだかは誰にも言いませんからね!

 

  • 困難を乗り越えて目標を達成した人のストーリーを読んだりビデオを見てみるのも良いでしょう。困難にいる時は自分だけがその苦境にいるのだと思いがちですが、実はどんな人でも壁にぶち当たった事があるのです。あなたは一人ではありませんよ。

 

  • 週間スケジュールを見て、1箇所または2箇所、自分と自分の目標のために使える数分の隙間時間でも見つけましょう。何もしないよりは少しでも行動した方が良いです。実行できそうな計画を立てましょう。そうする事で小さな変化の行動を取り入れやすくなります。

 

132963446_247470936722242_3270277934292376529_n

 

私たちは社会的な繋がりや信頼できる強い協力関係が、特に落ち込んでいる時や自信のない時に、人々の精神面にとってどれほど重要かを知っています。ですが現在、私たちはソーシャルディスタンスが他者とのつながりを通常よりもはるかに難しくしています。この状況の中、世界中のparkrunファミリーが、parkrun新年の抱負の目標に向かって前進するのを直接でもバーチャルでも手助けするために、コミュニティ内の人々に手を差し伸べることをお願いします。一本の電話やテキストメッセージ、または家族での散歩など、どんな小さな事も大きな進歩を生みます。

 

parkrun新年の抱負、第2週目です。毎日の小さなステップは大した事がないように見えるかもしれませんが、振り返ってみるとどんなに前進したかが分かります。

 

あなたにも出来ます。

 

 

#loveparkrun

友だちにシェアする:

31003488801_6da0dab5de_k (1)

新型コロナウイルスに関連グローバルアップデート

先週土曜日、私たちが愛するparkrunイベントがオーストラリアのビクトリア州全域で再開したことを祝うことができました。オーストラリアの他州では州境規制が緩和されて徐々に日常が戻りつつあった中、2020年はビクトリア州の…

Susan-Green

絶対できないなんて言わない「Never say never」

スーザン・グリーンは30年以上も走っていましたが、股関節の痛みがより深刻な問題になってきて後に股間節炎と診断されたこと、そしてparkrunファミリーのおかげで再びアクティブな生活に復帰したことを話してくれました。 &n…