ニュース - 2021年04月29日
タグ:

新型コロナウイルス関連グローバルアップデート

COVID_APR_WEEK_5_NEWS

イングランドで6月5日にparkrunイベントを再開するにあたって、今週に入り各イベント開催地の土地所有者にメールで再開の許可を得る段階に入ったことで、状況は大きく前進しました。

 

その一方、スコットランド、北アイルランド、そしてウェールズに関しては、状況が日々前向きに変化しているように感じられますが、現時点では具体的にいつイベント再開の日を迎えられるのかまだ明らかになっていません。

 

更に明るい話題として、イングランドでは引き続きジュニアparkrunの再開が早急に進んでおり、先週日曜日に行われた106のイベントには、ウォーキング、ジョギングまたはランニングで合わせて8,000人余りの子供たちが参加し、2,500人のボランティアの方々がイベントをサポートしてくれました。今週末には新たに29のジュニアparkrunイベントが再開を迎える予定で、また5月9日にはウェールズでも最初のジュニアparkrunイベントが再開できる見込みとなりました。

 

そして、ジュニアparkrunの段階的再開に向けて北アイルランドのReturn to Sportグループとも現在話し合いを進めています。まだ日程は決まっていませんが、5月下旬には再開できることを期待しています。

 

イギリス以外の地域に目を向けますと、アメリカでは規制緩和が進んでいることにより、5月22日にイベントが再開できるよう只今検討中です。週を追うごとに、より多くの状況進展の兆候が見受けられます。parkrunコミュニティの中には、まだ日常を取り戻すまで時間がかかりそうに感じられる地域もあるかと思いますが、状況は着実に前進しています。

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

parkrunグローバル最高執行責任者
トム・ウィリアムズ

友だちにシェアする:

COVID_MAY_WEEK_2

新型コロナウイルス関連グローバルアップデート

先週末は世界各地で合わせて672のイベントが行われ、7万人あまりの参加者が集まりました。この中には、イングランドの146のジュニアparkrunイベントや、ウェールズで最初に再開を迎えることができたジュニアparkrun…

172121993_599961921404082_4835221677874755615_n

安心して参加できる 〜 アンピュティサッカー選手

広野海岸公園parkrunイベントディレクターの仁科さんからの紹介で、アンピュティサッカー選手の長野さんはparkrunに参加されました。   同じサッカーグループ以外での活動には抵抗があったそうですが、par…