フィードバック - 2021年10月20日

歓迎される喜び

Naomi-Germany-Neckarufer-parkrun-my-new-and-current-parkrun-family

ナオミ・ドーソンは、人生の大きな転機の後、誰も知り合いがいない新しい国に移住しました。

 

そこでのparkrunは、彼女が新しいコミュニティに溶け込み、生涯の友情を築くことになる友達をつくる手助けとなりました。

 

私はランナーではありませんでしたが、2013年に誰かがparkrunについて教えてくれました。それから、Couch to 5k(ランニング初心者が5キロを走ることができるようにするトレーニング)を完了した後、初めてNorthampton parkrunに参加し、瞬く間にparkrunが大好きになりました。

 

2016年、シンガポールに引っ越ししてからは、parkrunがまったく新しい意味で重要になりました。その国には誰も友達がいなかったからです。もちろん、いくつかのクラブや他のグループに参加しましたが、結局はparkrunに助けられることになりました。そこではとても歓迎されていると感じ、素晴らしいparkrunコミュニティの真の価値を発見しました。

 

Naomi-2016-June-Singapore-East-Coast-parkrun

 

Singapore East Coast parkrunと、Singapore West Coast parkrunでは、生涯の友達つくることができました。

 

Naomi-Singapore-West-Coast-parkrun-last-time-before-moving-to-Germany

 

Naomi-Singapore-West-Coast-parkrun-volunteer

 

2018年、再び引越しをしました。そこは、再び誰も友達がいない新しい国ドイツで、その上ドイツ語が話せないという課題にも直面しました。

 

私はドイツ語コースに入学し、新しい友達を作りたいと思っていましたが、そうはいきませんでした。そこで、これまでの経験から分かっていたのでparkrunに行き、再びparkrun仲間の温かさに包まれ幸せに感じました。

 

Naomi-Germany-Kraherwald-parkrun-from-sunny-Singapore-to-snowy-Germany

 

Naomi-Germany-Kraherwald-parkrun-new-friends

 

Naomi-Germany-Kraherwald-parkrun-with-my-husband

 

ドイツでは、parkrunにもっと深く関わり、勇気を持ってランディレクターにもなりました。Neckaruferparkrunの人々は本当に素晴らしく、ここのparkrunは毎週参加者が約30人と小規模ですが、とても幸せな小さなグループです。

 

コロナ禍によるparkrunの休止は厳しいものでした。私と夫は、素敵なparkrun仲間と会えないことが本当に辛かったので、会えなくてもparkrunコミュニティと繋がっているために、誰でもが参加することを歓迎するNeckaruferオンラインクイズを始めました。そうすると、なんと口コミで、英国のparkrun参加者の何人かが私たちのクイズを知り参加するようになりました。実際に会えなかったのはとても残念でしたが、オンラインで少しの時間をparkrun仲間と一緒に過ごすことができ、このクイズを通して新しい友情も築きました。

 

現在は英国とドイツの両国でイベントは再開されていますが、クイズは私と夫にとって非常に大切だったので、私たちはまだ月に一度小さなクイズを行なっています。

 

コロナ禍ではイギリスの家族や友人を約18ヶ月ほど訪問することはできませんでしたが、ついに今月、私たちはイギリスに旅行することができました。そしてもちろん、parkrunにも参加しました。

 

最初の土曜日は、Chippenham parkunを訪れ、以前parkrunオンラインクイズを通してオンライン上でしか話したことがなかった仲間に会いました。とても幸せな機会で、そこにはたくさんの笑顔が溢れ、「カラフル」のテーマに合わせてドレスアップすると自分が感じていた幸せをより実感することができました。

 

Naomi-Chippenham-parkun-meeting-parkrun-online-quizzers

 

その次の土曜日に参加したBramley parkrunでは、少しサプライズがありました。以前、夫は面白いクイズの問題ビデオを撮影した際、Bramley parkrunのために恐竜のコスチュームを着ていました。驚いたのは、それを見ていたparkrunクイズ仲間のアマンダが、parkrunの日にたくさんの友達を集めて恐竜の群れを作って私たちを迎えてくれたことでした!下の写真が先週の土曜日に私たちが作ったBramleyジュラシックparkrunです。

 

Naomi-Bramley-parkrun-meeting-online-quizzers

 

私の人生にparkrunをもたらした、生涯に渡る多くの友人たちの友情に深く感謝しています。

 

ナオミ・ドーソン

友だちにシェアする:

307464261_990129602387310_3833059543072394129_n

parkrunで歩く理由トップ5

何か運動を始めたいけど、何から始めたら良いか分からない、身近な人にどうにかしてparkrunを紹介して好きになってほしい、そんな思いを解決するヒントになる5つを紹介します。これで10月の#parkwalkキャンペーンも準…

parkwalker

パークウォーカー(parkwalker)の役割とは?

今年10月のparkwalkキャンペーンの一環として、全く新しいボランティアの役割であるパークウォーカーを導入します!   このボランティアは、parkrunでのウォーキングが奨励され、評価されていることを示す…