2021年10月ボランティアアップデート

245393318_677975403590823_6520349555450034441_n copy

先月のボランティアアップデートの発信以降、週を重ねるごとに世界各地、特にアイルランドでは、イベントの再開が更に進んでいます。ここ1ヶ月の間に215も多くのイベントが開催されるようになり、状況にも引き続き前向きな変化が見られます。これもイベントチーム、アンバサダー、並びにイベント開催地の土地所有者の方々の協力があってこそ成し遂げられたことだと心から感謝しています。

 

このボランティアアップデートが、たくさんの方々がparkrunに参加しボランティアに携わるきっかけとなることを願っています。以下のトピックにあるリンクをイベントページをやお友達に紹介し、ボランティアで得られる喜びや楽しさをぜひ共有してください。

 

 

parkrun 創設17周年

 

既にSNS上でご覧になったかもしれませんが、今月初めにparkrunが創設17周年を迎えました。この機会に、ボランティアの方々の多大な貢献を振り返ってみました。

 

イギリスのBushy Park (ブッシ―パーク)で初のparkrunイベントが開催されて以来、17年という月日は大きな変化をもたらし、特に白以外の色のランニングシューズが買えるようになったことも忘れてはなりません!

 

その日、ポール&ジョアン・シントン=ヒューイット、ダンカン・ガスケル、サイモン・へジャー、ロビン・ドラモンドがボランティアとして参加者全員のタイムを手書きで記録し、地元の工具店で買ってきた座金を着順トークンとして使用したのがすべての始まりでした。

 

その後、parkrunボランティアがどのように進化してきたのか、こちらのブログ記事でお読みいただけます。

 

17-anniversary_900x416px

 

最後尾確認係

 

最後尾確認係は、数々のparkrunボランティアの役割分担の中でも一番人気だと言えるかもしれません。同時に、最後にフィニッシュするのではないかと不安を抱える参加者に安心感を与えられる重要な役割でもあります。

 

最後尾確認係がどんなことをするのか、またparkrunで初めてボランティアしたい方には理想的な役割であることを解説した動画がありますので、ぜひご覧になってください。

 

 

ボランティアへの参加方法

 

parkrunでボランティアに参加する方法をこちらでご紹介しています。ボランティアには、どなたでも気軽に参加できます。経験など必要なく、定期的にあるいは時々ボランティアする、など参加の頻度は人それぞれです。すべての役割分担について当日の朝に説明がありますので心配はいりませんし、とても簡単で、やりがいを感じられます。また、地元のparkrunコミュニティの一員としてイベントの催行に貢献することもできます。

 

まだボランティアを未経験のお友達をぜひ誘ってみてください。きっと大いに楽しめるはずです!

 

 

parkrunアンバサダープログラム

 

parkrunでボランティアすることにやりがいを感じ、もっと深く関わってみたいと思っていませんか?でしたら、parkrunアンバサダーの一員に加わってみてはいかがでしょうか。

 

ボランティアのアンバサダーは、健康で幸せな世界を目指すparkrunのミッションをサポートする非常に重要な役割を担っています。

 

このプログラムに関する詳細と参加方法はこちらでご紹介しています。

 

 

ボランティアマイルストーンTシャツ

 

今年の3月に、新マイルストーンクラブ追加についてお知らせしました。これによって、既存のウォーキング、ジョギング、ランニングのマイルストーンクラブに同等の、jv10(ジュニア)、v50、 v100、v250、v500、がボランティアのマイルストーンクラブ並びにTシャツに追加となります。新しいボランティアのマイルストーンTシャツの写真はこちらです。

 

Milestones-00

 

これらのTシャツが入荷しましたので、マイルストーンを達成した参加者の方々にはご注文いただけるようになりました。世界各地でこの新しいボランティアのマイルストーンTシャツを身に着けた参加者を目にするようになる日を楽しみにしています!

 

あなたご自身のparkrun プロフィールのページで、マイルストーンへの到達過程を確認したり、Tシャツの注文をすることができます。

 

 

ボランティアハブ

 

毎回ご紹介していますが、このアップデートを読んでくださっている機会に、ぜひparkrunでボランティアする際に役立つ情報がが満載のボランティアハブをご覧ください。更に、イベント開催時に必要なボランティアの役割についての詳細はparkrunの指針でお読みください。

 

またparkrun安全ガイドハブには、イベントに参加する子供たちや社会的に弱い立場にある方たちの安全を確保するための必要事項が記載されていますのでご参照ください。

 

今月も最後までお読みいただきありがとうございました。来月次回のアップデートをお届けする日まで、世界各地でみなさんが安全でアクティブに過ごされることを願っています。

 

お近くのイベントが再開済みでしたら、週末お会いしましょう。

 

 

parkrunグローバルオペレーションマネージャー
ジェームス・ケンプ

友だちにシェアする:

1st-image-3

カナダ・デーをお祝い!

7月1日(金)はカナダ・デー(カナダの独立記念日)です。 この日を記念して、多くのイベントがスペシャルデーとしてカナダ・デーparkrunを開催しています。 この日が彼らにとってどのような意味を持つのか、parkrun参…

Inomata Family Banner

父と息子の時間 〜 光が丘公園parkrun

2020年の秋、 『無料で5キロのタイムを測ってくれるイベントがある!』と父兄仲間から紹介され、地元のparkrunに仲間4人で参加しました。   集合場所でうろうろしていると、優しい掛け声のボランティアスタッ…