タグ:

人と再びつながる助けに

lead story

軍隊から一般市民の生活に移行することは困難なことですが、parkrunは、地域コミュニティとつながり、新しい友人を作り、自衛隊仲間の枠を超えた交友関係を広げる絶好の機会を提供してくれました。

 

世界中の何千人もの人々が、軍隊生活のあらゆる段階でparkrunに参加しています。元英国空軍の退役軍人であるリズもその一人で、英国全土と海外赴任を経験しました。彼女はオーストラリアに引っ越してからparkrunに参加し、自分の居場所を発見しました。

 

オーストラリアに移住し、退役後、急速に体力が落ちていることに気づき、地元のparkrunに参加するようになりました。海外から引っ越してきて、ここでは誰も私を知らないのに、ボランティアや他のparkrun参加者たちが私を歓迎してくれたのです。

 

LIZ_VOL

 

私はフルタイムで働いているので、いつも土曜日が空いているわけではありませんが、空いた日にはたいてい子供と一緒にparkrunに参加します。実際、私が一人で歩いたり、ジョギングしたり、走ったり、ボランティアをしていることはほとんどありません。 私たちはいつもスタート前の説明に参加し、初参加の人たちやマイルストーンを達成した人たち、他の地域から来た人たちを応援しています。

 

parkrunは、軍隊を離れると失われがちな、素晴らしい包括的なコミュニティです。自衛隊にいた時は家族のような関係だった人たちと離れ、特に、同じ境遇の人ばかりではないという事実に慣れるのは大変でした。

 

Liz2

 

退役軍人の皆さんには、parkrunに参加して、歩いたり、ジョギングしたり、走ったり、ボランティアをしたりすることをお勧めします。ボランティアに参加するのが一番早く仲間に出会える方法だと思います。そして、その後のコーヒーを飲みに行くのにも、是非参加してみてくださいね。

 

parkrunは、自己ベストを更新する機会を与えてくれますし(レースでないことは分かっていますが、仲間の中ではいつもちょっとだけ頑張ります!)、子供たちに体を動かすことの大切さを教えてくれます。

 

LIZ

 

parkrunのおかげで、地元で人と出会い、人とつながり、生涯の友を作ることができたのは確かです。

 

リズ

友だちにシェアする:

52303794673_cfc9ee5946_o

ボランティア1,000回に向けて

世界で一番多くparkrunに参加している人とボランティア参加している人ってどんな人だろう思いませんか?ダレン・ウッドさんとニッキー・クラークさんが、まさにそのお二人です。   意外にも2004年、世界で初めて…

20221112-20221112-074517-0

parkrunでボランティアする8つの理由

最新のparkrunボランティアに関するアンケート調査では、一人でボランティアをするのが不安、ボランティアで参加するにはどうすればいいか分からない、ボランティアする時間がない、などが浮き彫りになりました。   …