フィードバック - 2022年05月25日

parkrunで見つけた新しいホームタウン

IMG_20220514_100518

ウクライナに住んでいたジェーンさんは、ある瞬間に人生が一転しました。最初は地下壕に隠れていましたが、母親と一緒にイタリアまで困難な旅をし、滞在する家族を見つけました。

 

不安の中、parkrunコミュニティの優しさが、彼らの新しい生活でいかに不変のものとなったかを語ってくれました。

 

私はウクライナ人で、7年前からキエフに住んで働いています。2月24日、早朝にキエフで大きな爆発があり、目を覚ましました。私たちの世界は一瞬にして180度一変しました。

 

最初の数日間は、私はパートナーと家の近くの学校の貯蔵庫で夜を明かしました。その後、家の壁の隙間に隠れるのも比較的安全だと言われ、そうしました。サイレンが鳴るたびに、私たちは隠れて祈っていました。

 

それから、キエフ周辺はどんどん危険になってきたのでウクライナ西部へ逃げることになり、仮設住宅を提供できる人と困っているウクライナ人達をつなぐウェブサイトを通じて知り合ったイタリアにいる家族に、母と私が安全に暮らせる場所を紹介されました。

 

 

その後の日々は困難なものでした。長旅、新しい国、新しい文化、新しい言語、そして新しい家族。そのような混乱と困難の中で、私たちは間違いなく安定と不変を求めていたのです。これらは思いがけない方法で見つかりました。

 

イタリアに到着して3日後に早速parkrunに登録し、それ以来、毎週土曜日に参加しています。私は1回だけ歩き、他は走っています。母は1回だけコース誘導係を務め、その後タイム計測係を学んで、今では毎週タイム計測係をするようになりました。母はイタリア語を全く話せませんが、とても上手くやっています。

 

parkrunにはたくさんの素晴らしい人々がいます。彼らの言うことがすべて理解できるわけではありませんが、親切で私たちを助けたいと思ってくれていることは分かります。私たちは、良いこと、役に立つこと、親切なこと、そしてイタリアの生活の一部であること、すべてを受け入れるために最善を尽くしています。parkrunは私たちの新しく、全く違った生活の中で、とても安定した存在です。毎週、どんな言語であれ、挨拶する人がいるのです。

 

IMG_20220514_093712

 

今あるものすべてに感謝し、parkrunのコミュニティ、イタリア人、そして世界中の多くの人たちがさまざまな形で私たちを助けてくれていることに、とても感謝しています。

 

Джейн Доу (ジェーン・ドゥ)

 

parkrunイベントディレクターはこう語っています。

 

「ジェーン・ドゥさんとその母親は、トラウマになるような旅の末、イタリアに到着し、私たちの家にやってきました。その日は水曜日でした。私はparkrunのイベントディレクターで、もちろん土曜日にはparkrunイベントで活動していました。お母さんはparkrun参加が2回目で、イタリア語は全く話せず、英語もほとんど話せず、タイム計測係を学びました。凄いです!娘さんは、タフなコースを笑顔で走り、私たちを驚かせてくれました。

 

地元のparkrunコミュニティーのサポートは素晴らしかったです。ランニングシューズやスポーツウェアが届き(急いで国を離れると、ランニングシューズやスポーツウェアは最優先事項ではありません)たり、コミュニティのみんながジェーンさん親子が歓迎され関わっていけるように、圧倒的な関心を寄せてくれました。多くの人が助けたいと言ってくれ、実際に様々な方法で助けてくれたことに、私はとても感激しました。

 

今では毎週、parkrunの黒板には、parkrunのイベント番号、日付、その週のユニークなメッセージが書かれています。少なくともイタリア語とロシア語(母娘で使っている言語)の2ヶ国語で書かれていて、旅行で来て参加する人のために英語が加わることもよくあります。」

 

20220514_095819

 

parkrunは誰にとっても安全な空間です。

 

#loveparkrun

友だちにシェアする:

JP_DecWk1_banner

トレーニングシリーズPart2:インターバルトレーニング

4回のシリーズで、あなたの走りを向上させ、parkrunの自己ベストを獲得するために役立つトレーニング方法を紹介します。週の半ばのトレーニングに少し手を加えるだけで、あなたの目標がどのレベルでも自信を持てるようになる手助…

52303794673_cfc9ee5946_o

ボランティア1,000回に向けて

世界で一番多くparkrunに参加している人とボランティア参加している人ってどんな人だろう思いませんか?ダレン・ウッドさんとニッキー・クラークさんが、まさにそのお二人です。   意外にも2004年、世界で初めて…