2022年6月ボランティアアップデート

284964799_837614854293543_7910416228527050992_n

もうご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちはここ最近、活字を通してparkrunをお届けするための新たなプロジェクトに取り組んでいました!

 

これまでの一般的な 「ランニング」雑誌とは一味も二味も違った画期的な視点から、今後parkrunマガジンをお届けしていきます。parkrunの趣旨に沿い、包括性や多様性を尊重し、励ましや思いやりの感じられる内容に焦点を当て、この雑誌を通じて、身体活動に対する表面的なイメージを覆すことに努めていきます。

 

この雑誌は6月第一週目の週末から、イギリスの大部分のparkrunイベントで配布され始める予定です。尚、現段階では実験的な試みですので、雑誌の配布はイギリス国内のみとなります。将来的には、配布エリアをその他の国と地域に拡大することも視野に入れています。

 

parkrun新型コロナウイルス対策ガイドラインに関する変更点

 

最近の状況として、parkrunが開催されている大部分の国と地域で新型コロナウイルスに対する規制緩和が進んでいることに伴い、これまで単独の項目となっていた新型コロナウイルス対策ガイドラインを凝縮させ、ボランティアハブ内に移行させました。

 

数多くのイベント開催地で、イベントの遂行に影響を及ぼすようなコロナ関連の法的な規制はすでに撤廃されていますので、それらのイベントはすべて平常に戻ることができます。

 

実際的には、着順トークンの整理をイベント後のカフェで行ったりすることが再び可能となり、ボランティア用のベストをイベント開催毎に洗濯したり隔離したりする必要がなくなりました。

 

バーコードのスキャンに関しては、引き続き5キロイベントでは参加者50名当たり一名、ジュニアイベントでは参加者25名当たり一名のバーコード・スキャン係がそれぞれ妥当だと考えていますが、これはあくまでも私たちが推奨する比率であり、必須条件ではなくなりました。

 

バーチャルボランティアアプリにparkrunバーコードを登録する手順

 

バーチャルボランティアアプリを必要とするボランティアの役割を担当する際に、ご自身のparkrunバーコードを未登録の場合は、以下の手順に沿って登録してください。

 

まずバーチャルボランティアアプリを開き、画面右上の歯車のアイコンをクリックした後、「スキャンする」の指示に従って、ご自身のバーコードをスキャンしてください。

 

IMG_7210FB3850A3-1

 

すると、スマートフォンにご自身のparkrun IDが登録され、次回からバーコードスキャン係、またはタイム計測係としてボランティアされる際、リザルトの提出時に情報を再登録する必要がなくなり、ご自身とイベントチームの手間を省くことができます。

 

IMG_AE11A8E5E30F-1

 

コース誘導係

 

今月も引き続きボランティアの役割をご紹介します。今回注目するのはコース誘導係です。この役割は、コース上で参加者を誘導や応援をしながら、障害物や危険となる箇所では注意を促します。インシデントの発生時にはランディレクターに報告し、また一般の公園利用者にイベントが開催中であることを知らせる役目も担っています。

 

ボランティアの紹介のみならず、他にも数多くの参加者の素晴らしい体験談で満載ですので、是非parkrunのYouTubeチャンネルで動画シリーズをご覧になってください。

 

Marshall Mabori

 

WebFMSのボランティア当番表コメント(Event Narrativeの機能)

 

WebFMS内、volunteer rostersにある「event narrative」 タブは、ボランティア当番表に関連する各操作を行った日時と担当者を含む履歴が表示されます。右上にあるadd a commentで、コメントを追加することもできます。イベントチームは当日スムーズにイベントが遂行できるよう役立つ情報を予め記録しておくことができます。

 

例として、コース誘導係を特定の場所に配置する、初参加のボランティアに役割を説明する、イベント前のブリーフィングでマイルストーン達成者を祝福する、などが挙げられます。コメントは、event narrativeのタブの画面上だけでなく、ボランティア当番表を印刷するとその下部にも表示される便利な機能です。

 

parkrunボランティアのご紹介:ブリジットさん(アイルランド、トラリー parkrun)
Bridget-from-Tralee-parkrun

 

「parkrunで初めてボランティアをすることになっていた当日の朝、とても緊張していたのを覚えています。未知の世界に足を踏み入れようとしていたのですから!でも、いざ経験してみると想像以上に簡単だったので、数週間後、そのまた数週間後にも再度ボランティアし、その後も度々ボランティアとしてイベントに携わってきました。

 

parkrunは毎週世界中で何万人ものウォーキング、ジョギング、ランニング、またはボランティアでの参加者と共に行われているので、私自身も世界のparkrunコミュニティのその一員として参加できることを誇りを思います。」

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ボランティア、ウォーキング、ジョギング、ランニング、あるいは観覧、どのように参加されるにしても、6月も世界各地で皆さんがparkrunを大いに楽しまれることを願っています。

 

 

parkrunグローバルオペレーションマネージャー
ジェームズ・ケンプ

友だちにシェアする:

1st-image-3

カナダ・デーをお祝い!

7月1日(金)はカナダ・デー(カナダの独立記念日)です。 この日を記念して、多くのイベントがスペシャルデーとしてカナダ・デーparkrunを開催しています。 この日が彼らにとってどのような意味を持つのか、parkrun参…

Inomata Family Banner

父と息子の時間 〜 光が丘公園parkrun

2020年の秋、 『無料で5キロのタイムを測ってくれるイベントがある!』と父兄仲間から紹介され、地元のparkrunに仲間4人で参加しました。   集合場所でうろうろしていると、優しい掛け声のボランティアスタッ…