フィードバック - 2022年06月08日
タグ:

parkrunに復帰した喜び

Anne-Hanley-3

アンさんは、乳がんの治療と回復を経て、parkrunに戻ってこられたことを喜んでいます。parkrunに復帰した感想を話していただきました。

 

私がparkrunを始めたのは、定期的な運動を習慣にするためで、夫と一緒に楽しめるものだったからです。最初はGriffeen parkrunに参加していましたが、住んでいるところからより近いCastletown parkrunが始まると、こちらがホームイベントとなりました。

 

Anne-Hanley-2

 

parkrunで自己ベスト記録を更新することはありませんが、参加すること、毎週みんなに会うことが大好きです。

 

2017年から2018年にかけて、化学療法、手術、乳房再建、放射線療法を必要とする乳がんの診断と治療を受けました。乳がんと診断されたことはショックでしたが、最も大変だったのは、家族や身近な人に伝えることでした。

 

私は、家族や友人、そして回復までの道のりを共に歩んでくれたセント・ジェームズ病院の医療チームのサポートにとても恵まれていました。

 

この場を借りて、すべての人に乳房検診の啓蒙活動の重要性を訴えたいと思います。おそらく私の命はそれで救われたのです。そして今、治療を受けている皆さん、笑顔を絶やさず、前向きに、より強く、より良い自分を目指しましょう。より強い自分になることを期待しています。

 

回復後、parkrunに復帰したのは今年の2月でした。晴天に恵まれ、ボランティアの皆さんからたくさんの笑顔と励ましを受け、フィニッシュ地点を通過した時は、本当に感動しました。

 

直接、間接的に私のがんと向き合ってきた人たちに囲まれて、最高の達成感を味わうことができた素晴らしい日となりました。

 

Anne-Hanley-1

 

先週末のCastletown parkrunで初めてボランティアとして参加し、parkrun参加者の皆さんをサポートするのを楽しみました。

 

今年はもっとたくさんのparkrunにランナーやボランティアとして参加したいと思っています。機会があればアイルランドの他のイベントにも挑戦したいですし、ロンドンに住んでいる息子を訪ねる時に、そこでのイベントにも参加したいと思っています。

 

Anne-Hanley-5

 

このイベントを実現させ、参加者を歓迎し、毎週小さな個人的な目標を設定し、私たち全員が楽しめるようにしてくれている皆さんに、心から感謝しています。parkrunは素晴らしいイベントです。

 

 

アン・ハンレー

友だちにシェアする:

JP_DecWk1_banner

トレーニングシリーズPart2:インターバルトレーニング

4回のシリーズで、あなたの走りを向上させ、parkrunの自己ベストを獲得するために役立つトレーニング方法を紹介します。週の半ばのトレーニングに少し手を加えるだけで、あなたの目標がどのレベルでも自信を持てるようになる手助…

52303794673_cfc9ee5946_o

ボランティア1,000回に向けて

世界で一番多くparkrunに参加している人とボランティア参加している人ってどんな人だろう思いませんか?ダレン・ウッドさんとニッキー・クラークさんが、まさにそのお二人です。   意外にも2004年、世界で初めて…