フィードバック - 2022年06月21日

父と息子の時間 〜 光が丘公園parkrun

Inomata Family Banner

2020年の秋、 『無料で5キロのタイムを測ってくれるイベントがある!』と父兄仲間から紹介され、地元のparkrunに仲間4人で参加しました。

 

集合場所でうろうろしていると、優しい掛け声のボランティアスタッフに導かれ、ウェルカムでアットホームな雰囲気にとても安心しました。

 

走り始めたら見慣れていたはずの公園の紅葉に感動し、ボランティアの応援がいるランニングコースがとても新鮮に感じました。「また走らねば!」と不思議な使命感が湧いてきたのを覚えています。

 

iOS の画像 (73)

 

私は生涯、野球を愛し、息子の少年野球を熱心に見守り、指導もする父兄として、週末は小学校の校庭や草野球場で大忙しの毎日でした。息子が5年生の冬にコロナが始まり、試合も練習も体育の時間ですら自粛、自粛の毎日になりました。息子にとってみれば、野球のおかげで体格も足の速さも伸びてきたのに、スポーツにかける情熱が冷えていってしまったことでしょう。

 

帰宅して息子に、『今度一緒にparkrunで走ろう』『勝負しよう!』と、親子の会話が盛り上がりました。6年生になっていたとはいえ5キロの距離は長く、大半が大人たちに囲まれたイベントに、よくぞ出てくれました。

 

iOS の画像 (74)

 

初めてparkrunに参加した息子もまた、掛け声や笑顔が絶えないアットホームなコミュニティを大変気に入り、一度だけでなくその後も通うようになりました。

 

そして遂にその日がやってきました。父親として大きな悔しさが、これ以上ない喜びに変わる日。parkrunは決して速さを競う大会ではありませんが、息子が父との競争に勝った瞬間、それは私にとって急に訪れたまさかの敗退。

 

iOS の画像 (72)

 

走る習慣を手に入れ、ひとりの大人を超えた喜びが自信につながり、この春中学生になった息子が選んだ部活は陸上競技部。大好きな陸上競技のきっかけはparkrunでした。

 

息子の陸上競技を熱心に見守り、指導もする父兄として、週末は中学校の校庭や競技場で大忙しの毎日です。そして空いた土曜日の朝8時に地元で走るホームparkrun(故郷)があるのは有り難い限りです。

 

 

光が丘公園parkrun
猪俣樹彦、快斗

友だちにシェアする:

JP_DecWk1_banner

トレーニングシリーズPart2:インターバルトレーニング

4回のシリーズで、あなたの走りを向上させ、parkrunの自己ベストを獲得するために役立つトレーニング方法を紹介します。週の半ばのトレーニングに少し手を加えるだけで、あなたの目標がどのレベルでも自信を持てるようになる手助…

52303794673_cfc9ee5946_o

ボランティア1,000回に向けて

世界で一番多くparkrunに参加している人とボランティア参加している人ってどんな人だろう思いませんか?ダレン・ウッドさんとニッキー・クラークさんが、まさにそのお二人です。   意外にも2004年、世界で初めて…